なぜ人妻はそそるのか?札幌熟女専門交際クラブ黄昏族より

情報

なぜ人妻はそそるのか?

世の男性陣からますます熱い支持を受ける「熟女」「人妻」「夫人」「奥さん」「主婦」「女房」かつてそう呼ばれた女性たちは戦後、いかにして男性を惹きつけ、「オンナ」を獲得してきたのか。

戦後、大岡昇平や三島由紀夫ら昭和の文豪、小津安二郎など映画界の巨匠が描きだした背徳的な「人妻と性」は、高度経済成長期の核家族化や団地の出現を背景に、日活ロマンポルノや写真誌、演歌といったメディアで取り上げられ、独自の文化を創り上げていく。
80~90年代、ヌード誌やアダルトビデオを賑わした彼女たちは、不倫文化を肯定するかのように、街へ、風俗へと飛び出し、表・裏メディアと現実の人妻が影響し合い「人妻」の価値が転換。「人妻だから惹かれる」時代が到来する。

メディアと現実の相互影響が育んだ「性的幻想」の究極を、アンダーグラウンド文化を第一線で追い続けてきた作家がメディア史に残る記録と証言、人妻自身の肉声を駆使して綴る、知的でココロ高鳴る文化史。”

かつてアダルト雑誌やAVや風俗の世界では、女子高生や独身OLなど、若い女性がもてはやされていた。しかし、いまや人妻熟女が大人気。男の視線は既婚女性に注がれている。それはいったいなぜか?人妻たちの生々しい姿、妖艶なる熟女たちがのぼりつめてきた過程はいかに!

なぜそそるのか?
『一盗二卑三妾四妓五妻』という言葉がある。

それは男にとってどんな女性が燃えるのかの順番を示す言い伝えだそうだ。
一は盗む。つまり人妻を寝取ることを指し
二は秘書やお手伝いさん
三が愛人
四は娼婦
五が正妻

要するにタブーを犯し、危険度が高いほど興奮するという快楽の法則にのっとった感覚であり、昔から他人の妻を手に入れることは、達成感をもたらす禁じ手として存在していたことになる。

また、結婚をすることで本来ならモラルを守るべき人妻が、そのモラルを放棄するというタブーが、男の本能を刺激し、人妻が男を惹きつける核になっているというわけだ。

 

受付A

人妻はタブーなのか?